副業で知られている仮想通貨ですが、2021年現在スクウェア・エニックスがトークン型の仮想通貨に参加表明をしています。
MFTという仕組みの仮想通貨システムがスクウェア・エニックスが提供する仮想通貨システムで、このシステムはブロックチェーンを利用して自由に使用できるデータ域を使用して何かをしようという物です。

簡潔に言えば、ネットゲームなどでアイテムを獲得しますが、このアイテムを別のネットゲームに持ち込む場合、ブロックチェーンのMFTという仕組みに対応しているアイテムであれば相互間をやり取りし自由にアイテムを移すことができるという物です。

旧来の仮想通貨は単に電子データをやり取りするにすぎず、付加価値がない物でした。ですが、MFTではやり取りするデータに付加価値をつけることに成功したため、スクウェア・エニックスでは自社が提供しているゲーム群を土台にネットワーク上でゲームのアイテムなどをまるで現金のようにトレードすることができるよう組織化しようとしているのです。

このゲームで得られるアイテムを第3者に販売するトレードですが、確かに今現在でもネットワーク上でトレードが行われていますが、問題となる部分があります。
これらネットワーク上で行われているトレードはいわば口約束でしてどちらか一方かトレードで約束を破れば一方のみが得をするという状況にあります。

その為、第3者が介入し個人間のトレードのやり取りを監視する必要性があるのですが、問題はその監視を行うことができる人材を確保することができるかどうかと、監視を逃れてトレードを行い一方だけが得をした場合その対象者をどうやってとらえるかという問題があるのです。

これを安全なトレードにする場合、一番望ましいのが、匿名性がある仮想通貨のシステムを利用したうえで、自由にトレードのやり取りを決定することができる仕組みです。
仮想通貨の場合、両者がお互いにトレードを望んだという条件が一致する必要性があり、かつ、両者のデータのやり取りが無いと成立しません。

例えばAさんとBさんがおり、AさんはアイテムをBさんにトレードをした場合、Bさんは現金が無いとトレードが成立せず、片方だけがデータを送っても不成立となるのです。
こうした仕組みを利用することで仮想通貨と同じようにゲーム会社も様々なものをネットワーク上でトレードすることができますので今後は仮想通貨に限らず、ネットワーク上でゲームのアイテムなどがトレードされると推測します。